新着情報

【建設アスベスト訴訟】大阪1陣高裁(控訴審)第4回期日

2017.07.20

7月19日(水)午後2時から、大阪1陣高裁(控訴審)の第4回期日が開かれました。

解体工として働き49歳の若さで中皮腫で亡くなった被害者の遺族原告意見陳述と、「石綿建材の製造禁止に関する国の責任」、「主要原因建材-企業責任の核心」についての弁護士弁論を行いました。

次回期日(11月29日)には建築士の証人尋問が行われ、次々回期日(来年3月22日)には結審することが決まりました。

関西建設アスベスト大阪訴訟の当面の裁判期日は以下のとおりです。

<2017年>

 9月14日(木) 2陣地裁・第5回期日【大阪地裁202号法廷】

 11月29日(水) 1陣高裁・第5回期日【大阪地裁201号法廷】尋問

 12月8日(金) 2陣地裁・第6回期日【大阪地裁202号法廷】

<2018年>

 2月16日(金) 2陣地裁・第7回期日【大阪地裁202号法廷】

 3月22日(木) 1陣高裁・第6回期日【大阪地裁201号法廷】結審

いずれも午後2時~です。傍聴をご希望の方は、当弁護団までご連絡下さい。

 

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。