新着情報

クボタショックから12年 アスベスト被害の救済と根絶をめざす尼崎集会

2017.07.04

6月24日(土)、尼崎市中小企業センターで開かれた集会に、泉南の元原告や支援者、建設アスベスト大阪訴訟の原告も参加しました。

クボタショックから丸12年。中皮腫などで亡くなったクボタ周辺住民は300人を超え、工場内を含めると500人以上に上るそうです。その1人1人がかけがえのない命や人生、家族を奪われました。

その深刻な石綿被害は、建築作業従事者の場合も同じです。クボタは、自社の従業員や周辺住民(公害被害者)だけでなく、自ら製造販売した石綿建材のユーザーである建築作業従事者の救済にも取り組むべきです。

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。