新着情報

建設アスベスト九州一陣福岡高裁判決院内報告集会・被害の根絶とばく露防止を考える懇談会

2019.11.23

2019年11月22日(金)、衆議院第一議員会館大会議室において、「建設アスベスト九州一陣福岡高裁判決院内報告集会・被害の根絶とばく露防止を考える懇談会」が開かれました。全国から300名超が参加し、午前は福岡高裁判決の報告、午後は厚労省、国交省、環境省との各省庁との懇談が行われました。

省庁懇談会では、建設作業従事者の救済だけでなく、解体時のばく露対策や石綿使用建物に関するハザードマップの公開、労災・救済法対象疾病の追加や診療体制の問題など、総合的なアスベスト問題について要望。各省庁は、被害の実態を直視しない不十分な回答に終始しましたが、国の責任は、泉南最高裁判決と建設11連敗により明白です。国が、これ以上、被害の救済・根絶に背を向けることは許されません。

建設アスベスト九州一陣福岡高裁判決院内集会・被害の根絶とばく露防止を考える懇談会(PDF)

 

 

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 私たちは建設アスベスト大阪訴訟を提起・追行し、いま、最高裁で闘っています。
  • 詳しく見る >
  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。