最近の取り組み

【建設アスベスト訴訟】大阪2陣、追加提訴で原告70人

2019.04.01

2019年3月29日(金)、関西建設アスベスト大阪2陣訴訟に、新たに23名の被害者が加わり、国と建材メーカー21社に計約8億円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴しました。今回の追加提訴で2陣の原告数は計70人になりました。1陣・2陣の被害者数は計64人です。

今回の追加提訴には、大工・内装工や配管工・ダクト工、現場監督などのほか屋根・外壁工、吹付工、とび工、電工補助など様々な職種の被害者が参加しています。また、近畿のみならず、中部、四国、九州、北海道など全国から参加していることや、一人親方・個人事業主も積極的に参加していることが特徴です。

空調設備の撤去作業に長年従事した原告Kさん(70歳)は、酸素吸入中。「国は、病気になるのが分かっていてアスベストを使用させた。憤りを感じる」と話しています。

最高裁でも国と建材メーカーの責任を認めさせ、これまでの判決で不十分な点を克服するためにも、2陣訴訟の審理がますます重要になってきます。

*毎日新聞[建設アスベスト訴訟で追加提訴 原告70人に]https://mainichi.jp/articles/20190329/k00/00m/040/286000c

 

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。