最近の取り組み

石綿労災記録の不開示、国が一転、開示へ

2018.12.19

石綿被害者の遺族が労働局に対して、亡くなった被害者の労災記録開示請求を求めたところ、「死者の個人情報」であるとして不開示にされたのは不当として、国に不開示決定の取消を求めていた訴訟で、今月に入って国が対応を一転させ、労災記録を開示することになりました。

遺族にとって労災記録は、被害者の就労状況を知るうえで極めて重要な情報源です。にもかかわらず、国が不開示にすると、泉南型国賠訴訟を提起できるか否かの検討すらできません。当弁護団では、数年にわたってこの問題に取り組んできました。今回の国の対応は、大きな成果です。

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。