新着情報

最高裁の大法廷でアスベスト検出

2018.10.06

最高裁大法廷の改修工事に伴う大気中の環境濃度測定において、飛散防止対策が求められる目安を上回る数値が測定されました。最高裁の建物は1974(昭和49)年完成。吹付石綿が使用されていた時期であり、長年にわたり劣化した石綿が飛散していた可能性があります。

*朝日新聞[最高裁の大法廷でアスベスト検出 市民見学会が中止に]https://www.asahi.com/articles/ASLB55WWMLB5UTIL049.html

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。