最近の取り組み

【建設アスベスト訴訟】再び大阪高裁で全面勝訴判決!

2018.09.25

大阪高裁判決旗出し2018年9月20日(木)午後2時30分、関西建設アスベスト大阪1陣訴訟の大阪高裁判決(江口とし子裁判長)は、8月の判決よりもさらに厳しく国と建材メーカーの責任を認める判決を言い渡しました。これで原告は国に10連勝、建材メーカーの責任も2地裁、3高裁で認められています。

今回の判決は、今年3月14日の東京1陣訴訟の東京高裁判決、8月31日の京都1陣訴訟の大阪高裁判決に続いて一人親方に対する国の責任を認めただけでなく、石綿建材を普及させた国の住宅政策や製造禁止の遅れを厳しく指摘し、国の責任を3分の1から2分の1に引き上げました。実質的に国交省の責任をも断罪したといえ、早期解決へ向けた裁判所の強いメッセージがうかがわれます。

判決は、アスベストの危険性を認識していながら、警告表示義務を怠って石綿建材を製造・販売した建材メーカーの責任も厳しく指摘し、原告との関係では 8社(A&AM、神島化学工業、積水化学工業、大建工業、ニチアス、日東紡績、ノザワ、エムエムケイ)の共同不法行為責任を認めました。

今こそ、国も建材メーカーも司法判断を重く受け止め、上告を断念し、早期解決へ向けて動き出すべきです。

大阪1陣・大阪高裁判決要旨(2018年9月20日)

声明(PDF)関西建設アスベスト大阪1陣訴訟・大阪高裁判決(2018年9月20日)

*読売新聞[建設用石綿、国とメーカーに賠償命令・・・大阪高裁]https://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20180921-OYO1T50009.html

*NHK NEWS WEB[アスベスト訴訟で国に2億円余の賠償命令 大阪高裁]https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180920/k10011638021000.html

*MBS NEWS[大阪アスベスト訴訟の控訴審判決 肺がん再発…原告の訴え認める]https://www.mbs.jp/news/kansainews/20180920/GE000000000000024474.shtml

*毎日新聞[大阪アスベスト訴訟 メーカーの責任も認める 大阪高裁]https://mainichi.jp/articles/20180920/k00/00e/040/337000c

*朝日新聞[アスベスト訴訟、建材メーカーにも賠償命令 大阪高裁]https://www.asahi.com/articles/ASL9G6RQKL9GPTIL020.html

*中日新聞[建設石綿訴訟、二審も賠償命令 企業責任も認定、大阪高裁]http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018092001001516.html

*信濃毎日社説[石綿被害判決 国は被害補償に動け]https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180924/KT180922ETI090009000.php

 

 

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。