最近の取り組み

【建設アスベスト訴訟】国と建材メーカーが和解拒否、大阪高裁判決は9月20日

2018.05.21

2018年5月16日(水)、関西建設アスベスト大阪1陣訴訟において、国と建材メーカーは大阪高裁(江口とし子裁判長)からの和解勧告を拒否しました。和解交渉は打ち切られ、9月20日に判決が言い渡されます。

被害者が次々と亡くなっている状況で、早期解決は急務です。とりわけ国は、同種訴訟で8度も負け続けているのに、話合いのテーブルにすら着こうとしないのは極めて不当、異常です。早期解決へ向けて、関係者が主体的に動き出すことが必要ですし、9月の判決がその契機となることが期待されます。

*産経新聞[アスベスト和解交渉打ち切り、判決へ 大阪高裁]https://www.sankei.com/west/news/180516/wst1805160071-n1.html

*読売新聞[国とメーカー側が和解拒否・・・大阪・石綿訴訟]http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20180517-OYO1T50012.html

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。