新着情報

警官にもアスベスト被害、初の公務災害認定

2018.05.11

1995年の阪神・淡路大震災で救護活動にあたり、2014年に中皮腫で死亡した兵庫県警の元警察官が、公務災害と認定されていました。警察官が震災の復旧・復興業務を原因としてアスベスト関連疾患にかかり、公務災害と認定された事例は全国初です。

建材には大量のアスベストが使用されており、災害時には、救護や復興作業にあたる公務員や民間人、一般住民もアスベストばく露を余儀なくされます。平時からのアスベスト使用状況の調査や除去が急務です。

*神戸新聞[震災石綿禍 警官で初 公務災害認定 県警救護活動、中皮腫で死亡]https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201804/0011201736.shtml

*神戸新聞[中皮腫発症 震災18年後 元警官遺族「石綿、生活と結びつかず」]https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201804/0011201734.shtml

*神戸新聞社説[震災の石綿禍/幅広い救済の取り組みを]https://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/201804/0011211513.shtml

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。