最近の取り組み

富山地裁に泉南型国賠訴訟を提訴しました!

2018.04.03

2018年3月30日(金)、富山県高岡市のホクセイアルミニウム(現LIXIL)の工場で働き、中皮腫で亡くなった元労働者の遺族が、国に1430万円の支払いを求める泉南型国賠訴訟を富山地裁に起こしました。

工場には、アルミニウム建材にアスベスト吹付を行う下請け会社が出入りしており、同じ工場で働いていた被害者も吹付作業によるアスベストを吸い込みました。厚労省からの個別通知は受けていませんが、泉南型国賠和解の対象となるケースです。

原告となった遺族は、「国がちゃんと対策してくれれば父親のような事例は発生しなかったのではないかと非常に悔しい。同じように苦しんでいる人たちに、国が和解で賠償に応じることを広く知ってもらえるきっかけになれば」と話しています。

富山県内のアスベスト労災認定者は約300人ですが、国賠の提訴は2例目です。まだまだ被害が埋もれている可能性があります。お心当たりの方は遠慮なくご相談下さい。

*毎日新聞[中皮腫死亡、遺族が賠償求め国提訴 高岡の工場で石綿被害 地裁/富山]https://mainichi.jp/articles/20180331/ddl/k16/040/278000c

*チューリップテレビ[アスベスト訴訟 国に1400万円の賠償求め訴訟]http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20180330165021

*北日本放送[アスベスト訴訟 損害賠償を求めて富山地裁に提訴]http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=18008

*富山テレビ放送[アスベスト被害 国家賠償請求訴訟]http://news.bbt.co.jp/topics_detail.phtml?Record_ID=cbb40d07f7bd8d5953a863f5141c3f21&autoplay=allplay

*北日本新聞[石綿被害 遺族が提訴 富山地裁 国に損害賠償請求]http://webun.jp/item/7449380

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。