新着情報

【建設アスベスト訴訟】東京高裁判決を受けて、問われる国の姿勢

2018.03.16

*NHK NEWS WEB News Up[胸の爆弾が、破裂する前に]https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180315/k10011365861000.html?utm_int=netnewsup_contents_list-items_001

泉南でも、建設でも、アスベスト被害者の思いは共通しています。「死ぬまでに謝ってほしい」。NHK社会部・原野佑平記者は、「仕事に誇りをもち、家族を想い、一生懸命に働いてきた人たり。彼らを救えるのは誰なのか。今、国の姿勢が問われています。」と結んでいます。

*NHK時論公論[アスベスト訴訟 元作業員の救済を]http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/292294.html

高度経済成長を下支えした建設アスベスト被害の構造、その救済策(司法救済に代わるスムーズな行政的救済)の必要性について、明快に解説しています。8連敗した国の責任は決定的です。

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。