最近の取り組み

第6回石綿問題総合対策研究会

2018.02.14

2018年1月27日(土)・28日(日)、東京工業大学大岡山キャンパスにおいて、「第6回石綿問題総合対策研究会」が開かれました。

石綿問題に関連する研究や仕事で重要なことは、最終的に将来の石綿関連疾患の健康リスクを低減させることです。そのためには多様な分野の知識と経験といった総合性、多様性、科学的態度、精度管理等が必要となります。この研究会は、石綿のリスクと医学関連、調査と分析、管理、除去、対策、廃棄、リサイクル、建築、歴史、社会等の各分野の専門家、実務者、行政関係者、NPO等の交流を通じ、総合的石綿対策の理解、石綿の健康リスクの低減、震災時対策、その他の課題等、多様な石綿問題の解決に寄与することを目的としています(「設立趣意書」の「目的」より)。

第6回の研究会では、「石綿健康被害救済法の課題」をテーマとしたシンポジウムの他、泉南地域の石綿被害・国賠訴訟を克明に描いた「国家と石綿:ルポ・アスベスト被害者『息ほしき人々』の闘い」の著者永尾俊彦さんの講演などがあり、「建設アスベスト訴訟の到達点と課題」について、当弁護団からも報告を行いました。

*石綿問題総合対策研究会http://www.tm.depe.titech.ac.jp/Asbestos_Research_Group/index.html

 

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。