最近の取り組み

【建設アスベスト訴訟】大阪1陣高裁(控訴審)第5回期日

2017.12.01

11月29日(水)午後2時から、大阪1陣高裁(控訴審)の第5回期日が開かれました。今回は、石綿建材が盛んに使われた昭和40年代から60年代を中心に、戸建てや大型建物などの設計を行ってきた建築士の方に、当時、どのような石綿建材が、どの場所に、どのような頻度で使われていたのか、さらに、どの建材メーカーの商品が使われていたのか等について、丁寧に証言していただきました。

大阪1陣高裁(控訴審)は、次回3月22日(木)に審理を終結し、判決言い渡し日が指定される予定です。

関西建設アスベスト大阪訴訟の当面の裁判期日は以下のとおりです。傍聴をご希望の方は、当弁護団までご連絡下さい。

<2017年> 

 12月8日(金) 2陣地裁・第6回期日【大阪地裁202号法廷】

<2018年>

 2月16日(金) 2陣地裁・第7回期日【大阪地裁202号法廷】

 3月22日(木) 1陣高裁・第6回期日【大阪地裁201号法廷】結審

 4月20日(金) 2陣地裁・第8回期日【大阪地裁202号法廷】

 6月8日(金)   2陣地裁・第8回期日【大阪地裁202号法廷】

 

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。