新着情報

【建設アスベスト訴訟】横浜地裁で国に6連勝、メーカー責任も認める!

2017.10.26

10月24日(火)午後3時、横浜地方裁判所(大竹優子裁判長)は、首都圏建設アスベスト神奈川2陣訴訟について、国と建材メーカー2社(ニチアス、ノザワ)の責任を認める判決を言い渡しました。

国と建材メーカーは司法判断を真摯に受け止め、全面解決へ向けて直ちに動き出すべきです。

*朝日新聞[建設アスベスト訴訟 国とメーカーの責任認定 横浜地裁]http://www.asahi.com/articles/ASKBS4SLNKBSULOB01V.html?iref=comtop_8_08

声明(PDF)首都圏建設アスベスト神奈川2陣訴訟・横浜地裁判決(2017年10月24日)

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。