新着情報

原一男監督作品、釜山国際映画祭でも受賞!-最優秀ドキュメンタリー映画賞

2017.10.23

10月21日(土)、最高裁判決まで8年以上に及ぶ原告団と弁護団の闘いを追った原一男監督の最新作『ニッポン国vs泉南石綿村』が、釜山国際映画祭でも高く評価され、最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞しました。

泉南アスベスト国賠訴訟の原告団・支援者も釜山国際映画祭に参加し、韓国のアスベスト被害者らと交流を深めました。この作品は2018年3月から公開予定です。

*シネマトゥデイ[アスベスト被害は日本だけではない・・・権力と戦う映画監督 韓国被害者が感謝]https://www.cinematoday.jp/news/N0095477

*シネマトゥデイ[上映時間215分!『ゆきゆきて、神軍』原一男監督の新作が2018年3月公開]https://www.cinematoday.jp/news/N0094994

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。