新着情報

【建設アスベスト訴訟】アスベスト国際共同書簡

2017.09.13

9月13日(水)、首都圏建設アスベスト神奈川訴訟の原告団・弁護団は、東京高裁第5民事部に、アスベスト被害の救済と根絶に取り組む世界14カ国・28団体からの「アスベスト問題に取り組む海外の団体による裁判所に対する共同書簡」を提出しました。

日本におけるアスベスト問題への日本政府やアスベスト企業の対応の行方は、とりわけアジア諸国に対する大きな影響力を持っており、10月27日(金)午後3時に予定されている東京高裁判決(神奈川1陣)は、国際的にも大いに注目されています。

*「アスベスト問題に取り組む海外の団体による裁判所に対する共同書簡」

 アスベスト国際共同書簡(PDF) International join letter(PDF)

私たちにご相談下さい。
アスベスト被害に関するご相談は無料です。

アスベスト被害ホットライン

090-3273-0891

(平日の10時~18時)

折り返し、
弁護士が直接ご連絡します。

  • 国から賠償金を受け取れる場合があります。
    アスベスト訴訟の和解手続は、最高裁判決を勝ち取った私たちにお任せ下さい。
  • 建築作業従事者の石綿被害の
    救済を求めて闘っています。