人権を主張する意味でも重要な訴訟だと思います

inazawa.jpg稲沢潤子さん(作家)

 アスベスト公害については、一時大きく報道され、私の住む集合住宅でも壁材などに使われているのではないかと調査をしたことがあります。
 その害毒については知っていましたが、生産に従事してきた人たちの多くが零細企業の労働者であること、アスベスト公害で国家賠償を求める訴訟は日本で初めてとのこと、今回資料をいただいて初めて知りました。
 生活のすべての局面に共通することですが、責任を問われるべき所轄官庁や力のある企業主が責任のがれをし、しわ寄せされるのが、いつも何の罪もない貧しい人たちであるという現実は変えなければなりません。人権を主張する意味でも重要な訴訟だと思います。