私たちは、全てのアスベスト被害の救済と、新たな被害発生の防止、ノンアスベスト社会の実現を目指して活動している弁護士の集まりです。(旧称:大阪じん肺アスベスト弁護団)。
  泉南アスベスト国賠訴訟で最高裁の勝利判決と厚生労働大臣の謝罪を勝ち取り、企業との交渉や裁判でも賠償金を獲得しています。アスベスト被害は理不尽な人災です。危険性を知りながら対策を怠った国や企業の責任を明らかにすることは、新たな被害発生の防止のためにも重要です。
  私たちは、不治の病に苦しむ患者や大切な人を奪われた家族に寄り添いながら、最新の情報と豊富な経験を活かして被害の救済にあたります。
  • 心当たりございませんか
    • 石綿工場で働いていた
    • アスベストが吹き付けられた体育館、倉庫等に出入りしていた
    • 建築現場で作業に従事していた
    • 家族が石綿関連の仕事に就いていた
    • 造船所、港湾、鉄工所、発電所等での仕事に携わっていた
    • 石綿工場の近くに居住していた
    • 石綿製品の運搬に携わっていた
  • 体に不調はありませんか
    • 石綿肺・肺がん・中皮腫・びまん性胸膜肥厚・良性石綿胸水の診断を受けた方
    • 肺気腫・胸膜炎・胸膜肥厚・肺線維症・じん肺・間質性肺炎の診断を受けた方
    • 息切れ・せき・たんなどの体調不良を感じておられる方

その症状、アスベストが原因かもしれません

 労災保険や石綿救済法により、医療費や一定の生活費補償等が受けられる場合があります。
 加えて、国や企業に対して、慰謝料等の損害賠償を請求できる場合があります。

私たちにご相談下さい。アスベスト被害に関するご相談は無料です。

  • アスベスト被害ホットライン 090-3273-0891

    ( 平日の10時~18時 )

  • 無料相談申込